【izmaker(イーズメーカー)】動画素材を売れる!買える!こういうの待ってました!


イーズメーカー

映像制作のハードル

近年、スマートフォンの普及、安価な動画編集ソフトやGoProのような高画質でおもしろい画を手軽に撮れるウェアラブルカメラの流行、またYouTubeやVineのように、作成した動画を配信するサービスも多くなってきており、僕たちは「自分で動画を作って他人に見せる」という行為が、非常に簡単になってきています。

しかし、映像制作の敷居が下がってきているとはいえ、カッコイイ動画を作る手間は非常にかかってしまいます。

制作した側も、それを単なる「公開する楽しみ」ではなくYouTuberや、Vinerのように個人が公開する動画を利用してマネタイズをするような流れもできています。

YouTubeからTVCMデビューを果たしたHIKAKINさん

そんな映像の作り手の気持ちがよーく分かってくれているサイトが
映像買取・動画素材|イーズメーカー| izmaker.com」さんです。

なんといっても運営するのが映像制作会社である株式会社ビデオソニック様ですから、作り手の気持ちが良く分かっていて当たりまえ。

映像制作に特化したクラウドソーシングといえば、「Viibar」がありますが、「イーズメーカー」の良いところは、
超気軽にできる!といった点です。

誰でも動画素材を販売できる

スマートフォンや、ハンディカムで動画を撮影する機会はとてもよくあります。
みなさんも、自分で撮ったものを見返してみてください。
きっと数多くの動画があるはずです。

そんな動画が、お小遣いになったら…とってもHappyですよね。

「撮影のプロでもない自分が撮った動画なんて、買う人いる訳ないじゃん」

そう思う人も多いと思いますが、先程もお話したように、近年ではマネタイズを考えている人たちも、映像のプロではないことも多いんです。

動画の素材を買う人は、

・撮影する技術がない
・制作する技術がない
・撮影できるが、撮る時間がない
・制作できるが、作る時間がない

のいづれかであるようです。

ニーズにマッチすれば、誰が作った素材だろうが誰が撮影した素材だろうが買ってくれる訳です。もちろん、この「ニーズに合った」というポイントが非常に大事ではありますが。

しかし、映像を制作していて「ここで街の風景の画を入れたいけど撮影しにいくのはちょっと…」というときに、イーズメーカーさんにそのような動画があれば、制作側としては購入する流れとなるはずです。

素材の価格

誰でも気軽に販売できるため、素材自体の価格が非常に安価です。

もちろんクオリティという面では多少低いものもあったりしますが、Amana等で販売している素材よりも非常に購入しやすいため、ちょっとした利用にはガンガン利用できそうです。

出力後の映像ファイルのみならず、AEのプロジェクトファイルで販売している方もおり、購入した素材を自分の好きなようにカスタムして制作することも可能なので、制作サイドとしてはありがたいと思います。

今後にさらなる期待

こういうサービスが、もっともっと盛り上がっていくと、動画業界はもっともっとおもしろいことになると思いますね

是非、みなさまも「映像買取・動画素材|イーズメーカー| izmaker.com」、機会があれば利用してみてはいかがでしょうか。

イーズメーカー

The following two tabs change content below.
Tatsuya
動くものに興味がある。好奇心旺盛でなんでもやってみるタイプ。 AfterEffectsつかって映像制作なんかもしてたりします。

Comments are closed.